プライベートフォトスタジオ フェスティーボ

プライベートフォトスタジオ フェスティーボ
BLOG

ブログ

TOP  >  ブログ  >  熊本県の七五三の基礎知識&風習を解説!七五三とは?

健やかな成長を祝して行われる七五三。
子供が3歳・5歳・7歳になった年の11月15日に行われる行事ですが、
どのような由来や歴史があるのでしょうか?
今回はそんな七五三の基礎知識や、熊本県ならではの風習について解説します。

 

1.七五三とは
2.七五三の由来・歴史
3.熊本県の七五三の風習
4.まとめ

 

1.七五三とは

七五三とは、主に3歳男女・5歳男児・7歳女児が11月15日前後に、自宅の近くの氏神様や神社にお参りし、無事その年齢を迎えられたことへの感謝と、今後の健やかな成長をお祈りをする行事です。

 

七五三の服装

七五三のお祝いは、子供は着物を着てお参りするのが一般的です。
昔は着物を祖父母が用意してくれたり、お宮参りの際の産着を仕立てなおすことも多かったですが、今では振袖レンタルショップ等で手軽にレンタルする方が増えています。
親の服装に特に決まりはありませんが、ジーパン・ジャージなどのラフすぎる格好は控えましょう。
また、あくまで主役は子供なので、まずは子供の服装を決めてから、一つ下の格式の服を選ぶとよいでしょう。

 

お参りの場所

自宅付近の氏神様や神社にお参りすることが一般的ですが、行く神社が明確に決まっているわけではないので、お子様の負担にならないよう、自宅からの距離やゆかりのある神社など、事前に調べてご家族で決めましょう。
神社ではお参りをするだけでなく、祈祷を受けることもできます。
祈祷とは、神社で神主さんにお祈りを捧げていただく儀式で、「御祈祷料」などのお礼を収めることが一般的です。事前に神社に確認しておきましょう。

 

お参りの後

お参りの後は、ご家族で、もしくは祖父母も交えてお食事会をしたり、着物を着て写真撮影を行い、お子様の今を記念に残すという方が多いです。
お参り用の着物レンタルが付いた撮影プランを用意しているスタジオも多く、スタジオで撮影を行ったり、当日神社で出張撮影を行うなど、様々な方法があります。

 

2.七五三の由来・歴史

七五三の由来は諸説ありますが、歴史はとても古く、平安時代まで遡ります。
当時行われていた3つの儀式が七五三の由来になったと言われています。

 

髪置き(かみおきのぎ)の儀

平安時代は、赤ちゃんから3歳までは髪の毛を剃っていました。これは悪病は髪の毛から入ってくると信じられており、髪の毛を剃ることで病気の予防ができると考えられていたためです。

そして3歳を無事に迎えることができるとそのお祝いとして「髪置きの儀」を行い、髪の毛を伸ばし始めました。

3歳に行うこの行事は男女ともに行われます。

 

袴着(はかまぎ)の儀

こちらも平安時代に、5~7歳を迎えた男の子が当時の清掃である袴を初めて着ける儀式です。
この儀式は男児から少年になる節目でもあります。
元々は平安時代の宮中のみで行われていましたが次第に武家・庶民にも広がっていきました。
元々は男女ともに行う儀式でしたが、江戸時代から次第に男の子だけの風習に変わっていき、今に至ります。

 

帯解き(おびとき)の儀

鎌倉時代、女児が7歳になると、それまでの紐付きの着物から初めて大人の装いである丸帯を身に着ける儀式です。
当初は男女ともに9歳になると行われていたと言われていますが、江戸時代には男児は5歳で「袴着の儀」、女児は7歳で「帯解きの儀」を行うという形に変わっていきました。

 

11月15日の由来

七五三が11月15日に行われるようになった理由も諸説存在します。
1つは、江戸幕府第五代将軍の徳川綱吉の長男、徳川徳松の健康を祈願する儀式が11月15日に行われ、それ以降11月15日に行うことが一般化されていったという説。
もう1つは、平安時代に暦注として用いられていた二十七宿といわれる暦で、11月15日は「鬼宿日」に当たり、鬼が出歩かない吉日とされていたという説です。

 

3.熊本県の七五三の風習

七五三は全国的に行われる行事ですが、実は地域ごとに少し異なる風習があります。
熊本の七五三は、子供の服装に下記のような特徴があります。

数え年3才(満2才)は「髪置きの儀」として
女の子→着物の上に被布
男の子→仕立て直した産着の上に陣羽織

数え年4才(満3才)は「紐解きの儀」として
女の子→三つ身(帯の着物)
男の子→羽織袴

これに加え、全国と同じように以下のお祝いも
数え年7才(満6才)の「帯解きの儀」
女の子→四つ身(帯の着物)
数え年5才(満4才)の「袴着の儀」
男の子→羽織袴

現在熊本では、このお祝いをせず
男女とも2,3才で1回ずつ、計2回のお祝い
をされる方も多いようです。

玉名は、熊本ですが一般的な七五三でお祝いされる方がほとんどです。
数え年3才(満2才)
女の子→着物の上に被布
男の子→着物の上に被布 or 羽織袴
数え年5才(満4才)
男の子→羽織袴
数え年7才(満6才)
女の子→四つ身

兄弟の年齢や体の大きさによって数え歳、満年齢でされる方がいます。
数え年か満年齢かは明確に決まっているわけではないので、こだわる必要はありません。

 

4.まとめ

ここまで事前に知っておきたい七五三の基礎知識について見てきました。
七五三の由来や歴史は、平安時代の風習が関係していることや、11月15日の由来など、意外としら知らないことも多かったのではないでしょうか。
熊本県ならではの風習もぜひ取り入れて、思い出に残る七五三をお迎えください。

 

フェスティーボでは、七五三の記念撮影や、着物のレンタルまで取り扱っており、外出と撮影がセットのおでかけプランや
スタジオフォトプラン、ロケフォトプランなど様々なプランをご用意しています!

七五三のことでお悩みなら、フェスティーボまでご相談ください!

https://festivo-kazuya.com/child/

予約制

お問い合わせ・資料請求

TEL 0968-74-3711

営業時間 9:00~18:00 (水曜定休)

ページトップ